加盟結婚相談所:1,749社
登録会員数:58,851名

プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!
お見合い・婚活 応援ブログ
【婚活のコツ】

 日本結婚相談所連盟トップ  お見合い・婚活 応援ブログ  お見合い後のメールで好印象を与える秘訣【男性編】

お見合い後のメールで好印象を与える秘訣【男性編】

お見合い後のメールで好印象を与える秘訣【男性編】

お見合いが成立して交際OKの返事をもらえたものの、「相手の女性にどのようなメールを送れば良いかわからない」と悩んでいる男性は多いことでしょう。

ここでは、お見合い後のメールで好印象を与える秘訣やメールの頻度、注意すべきポイントについて紹介します。

女性を気遣うメールで好感度が上がる

omiaimail1

メールで好印象を与えるためには、相手の女性を気遣う言葉がけが大切です。例えば相手の女性とデートをした日なら、「無事に自宅へ帰られましたか?」と一言添えると女性も「自分のことを気にかけてくれている」と思い嬉しくなるものです。

また、夕方や夜にかけてメールを送る場合は、相手の女性が勤務中または就寝中である可能性も考えられるため「今、忙しかったですか?」など、要件の前に一言気遣う言葉を置くようにしましょう。

そうすると文面から誠実さが見えて相手も嫌な気分にはならないはずです。メールを送る際は相手の女性を気遣う言葉がけを意識するようにしましょう。

相手の女性の名前をさりげなく入れる(呼ぶ)

omiaimail2

メールをやり取りする際は、相手の女性の名前を文章中に入れてみましょう。実は女性にとって下の名前で呼ばれることはとても嬉しくて意味のあることなのです。

もちろん初対面では失礼のないよう苗字で呼び合うのが当然ですが、交際をしているにもかかわらずいつまでも苗字で呼び続けていると相手の女性とは一向に距離を縮めることはできません。

例えばメールで食事やデートに誘う場合は「○○さんは苦手な食べ物はありますか?」「○○さんは映画好きですか?」など、さりげなく下の名前を入れることで相手もメールを返信しやすく親近感がより高まります。

相手の女性とメールができる喜びを素直に伝える

omiaimail3

交際をスタートできたものの、メールの内容によって相手の気持ちが変わってしまうのではないかと不安に思っている男性は珍しくありません。

その場合、場を盛りあげようと無理矢理話題を広げる必要はありませんが、お見合いで初めて顔合わせをした時の印象や二人で会話をした時の内容に触れてみてはいかがでしょうか。
そうすることで、会話の内容を覚えていてくれたことを知り、相手の女性も嬉しく思うはずです。

また、気持ちが変わってしまうのではないかという不安については、意外と相手の女性も感じていることなのです。
お見合い後に交際の返事をいただけたということは、結婚を視野に入れている可能性が高いので、女性側も良好な関係を築いていきたいと、きっと願っていることでしょう。

悩む前に、まずは行動に移すことが大切です。相手の女性にメールを送る際は「素敵な女性だと思いました」「○○さんとメールができて嬉しいです」など、素直に喜びを伝えるようにしましょう。

初めは緊張するかもしれませんが、メールの回数を重ねるうちに徐々に慣れていくはずです。

お見合い後のメールでやりがちなNGポイント

omiaimail4

お見合いが成立し無事に連絡先を交換できれば、仲人を通さずに自由に連絡を取り合うことができます。

しかし、仲人を通さない分相手の女性に失礼のないよう接していかなければ、相手の気持ちが冷めて連絡が途絶えてしまう可能性も考えられます。

お見合い後のメールで注意するべきポイントを4つ挙げました。


1・慣れ慣れしい言葉遣いのメールは避ける

お見合い後のメールのやり取りで一番気を付けたいのが言葉遣いです。
男女問わず言えることですが、仲が深まる前に家族や友人と会話をする時のような「タメ口」口調でメールが送られてくると、軽いイメージをもたれるどころか非常識な人と判断される可能性が高くなります。

仲の良い友達のように慣れ慣れしい言葉遣いや一方的なメールを送るのではなく、相手の生活リズムや気持ちを尊重した優しい文章を心がけることが大切です。

良い例:週末は何か予定がありますか?良かったら一緒にご飯食べにいきませんか?
悪い例:週末暇?一緒にごはん食べに行こう!

2・頻度を考えないメールのやり取りはしない

交際している男女がメールをやり取りするのは当然ですが、嬉しさのあまり一日に何十通も相手の女性にメールを送るのはNGです。

初めからガツガツ積極的にこられては相手の女性も対応の仕方に困ってしまうので、適度な距離感を保つようにしましょう。

当然ながら相手の女性にも一日のスケジュールがあります。どのタイミングでメールを送れば良いのかわからない時は、相手の都合の良い時間帯を最初のうちに確認しておいても良いでしょう。

3・質問攻めや返信しづらい内容のメールは避ける

好意を寄せている女性のことは何でも知りたくなるものです。しかし、相手のことを考えず過去を詮索したり異性のことを聞いたり、相手が返答に困るようなメールを送るのは避けたほうが無難です。

これでは質問攻めの内容になってしまうため、相手の女性が面接を受けているかのような悲しい気持ちになってしまいます。

また、他人の悪口や下ネタは下品で男らしさに欠けているイメージがあるので、相手の女性を不愉快な気持ちにさせてしまう場合もあります。メールのやり取りで相手の気持ちが離れていかないよう質問攻めや返信しづらい内容の話題は避けるようにしましょう。

【NG例内容】
・下ネタ
・下ネタを連想させるような話
・他人の悪口
・一方的な自分の話
・質問攻め

4・メールの返信が遅くてもすぐに催促しない

相手の女性から返信が来ない場合、嫌われてしまったのかなと不安に思う男性もいることでしょう。
しかし、メールが来たことに気が付かなかったり手が塞がっていたり、すぐに返信ができない状況はお互いに言えることなのです。

たった2~3日でも、返信が来ないからと言ってすぐに催促すると、しつこい男性・束縛する男性などと勘違いされてしまう可能性もあります。

そのため、少し様子を見てから連絡を取るようにしましょう。その際は「風邪などひいていませんか?大丈夫ですか?」など、相手の女性を気遣う内容にしたほうが相手も返信しやすいはずです。


まとめ

omiaimail5

お見合い後のメールは男性から送るのが基本ですが、送るメールの頻度ややりとりの内容に気を付けることで、女性に好印象を与えることも可能です。

良好な関係を築いていくためにも、相手の女性を尊重した言葉選びを心がけていきましょう。

ブログTOP
セミナーのご案内はこちら