加盟結婚相談所:2,024社
登録会員数:63,483名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   2chでわかる起業成功のカギは?独立開業する前に知っておきたい情報まとめ

2chでわかる起業成功のカギは?独立開業する前に知っておきたい情報まとめ

起業したいと考えていても、「やることが多そう…」「自分には難しそうだ…」と思ってしまうことはないでしょうか?起業するためには様々なハードルがあるのは確かですが、まずは2chなどの掲示板で調べられるところから情報を集めていくのも方法の一つです。

そこで今回は、独立開業する前に知っておきたい情報を分かりやすくまとめました。2chなどの情報サイトで知ることができる起業に役立つ情報について整理してお伝えします。これから起業を考えている方はぜひ参考にしてください。

起業のベストタイミングはいつ?

サラリーマンとして会社勤めをしてきた人が、いざ独立するとなったときに気になるのがタイミングです。どのようなタイミングで独立起業するのが良いのでしょうか?まずは、起業のベストタイミングについて見ていきましょう。

2chやネットでよく見る起業タイミングについての悩み

2chなどのインターネットの匿名掲示板でよくある悩みには、以下のようなものがあります。

・起業する時の年齢は20代、30代、40代以降のいつがよいのか?
・結婚が先か、起業が先か?
・30代で起業に失敗するとサラリーマンに戻るのは難しい?

上記の悩みは多くの人が抱えていて、起業を考えた時には最初に突き当たる課題です。独立するタイミングとしてはいつがベストなのでしょうか?

それまでの社会人としてのキャリアにもよりますが、一般的には30代、40代と年齢が上がっていくにつれて、転職はしづらくなっていくといわれています。そのため、もし現在働いている会社に残って働くことが技術力やキャリアのアップにつながるのであれば、そのまま働き続けるという選択肢もありです。

起業が先か、結婚が先か?

20代後半から30代にかけての起業タイミングに関する悩みとして多いのが、起業と結婚のどちらを先にするべきかというものです。現在独身の方であれば、起業して忙しくなってしまうと出会いのチャンスがなくなってしまうのでは?という心配を持つこともあるでしょう。一方で、独身の方が身軽に動けるため、独立起業しやすいという側面もあります。

また、結婚を先にする場合には、パートナーや子どもが増えることによって守るべきものが増えてくるため、起業などのリスクが取りにくくなるのも事実です。男性の場合はある程度年齢が高くなっても結婚できる可能性があります。一方で、女性で特に出産を希望している方の場合は、結婚して家庭が欲しい気持ちの人もいるようです。

独立するタイミングを計画的に決めておくことが大切

起業するベストタイミングが何歳になるかは、人それぞれの状況によって変わってくるためいちがいには言えません。しかし、確実に起業を成功させてビジネスを軌道に乗せるためには、タイミングを計画的に決めておくことが大切になります。

「なんとなく起業したいな」と漠然と考えているだけだと、独立するタイミングが先延ばしになってしまうかもしれません。そのため、起業への動きを具体的にスタートさせる第一歩として、独立のスケジュールを具体的に決めることから始めるのが効果的です。

起業に必要な準備は?2chでの情報収集に加えてやるべきこと

起業するタイミングを決めるためには、起業に向けてやるべきことの明確化が大切です。2chでの情報収集のほかにも、起業に向けてやるべきタスクがあります。そこで、以下ではその内容について具体的に見ていきましょう。

ビジネスプランをしっかり立てよう

2chやネット、ブログなどで起業に成功した人のエピソードや情報を検索すると、その多くが具体的なビジネスプランを起業時に固めていることが分かります。起業をするにあたっては、ビジネスプランをしっかり立てることが大切です。

どんな商品やサービスを扱って収益を上げていくか?であったり、どの地域のどういう人を対象に付加価値を提供していくかであったりといった内容を固めていきましょう。これまでの人生の中で趣味として磨いてきた技術がビジネスに活きたり、収入に直結したりすることも少なくありません。

なお、ビジネスプランは書き方のフォーマットに最初からこだわる必要はありません。事業計画書を使って銀行で融資を取り付けに行くなどの目的がない限りは、具体的な仕事内容が自分の中で明確化すれば十分です。

起業準備として明確化しておくべきこと一覧

ビジネスプランを考えることに加えて、起業準備では以下のようなタスクが必要になってきます。

【起業準備に必要なことの例】
・個人事業主か法人かを決める
・個人事業主の場合は開業届を税務署に出す
・法人の場合は登記申請書など各種手続き
・法人の場合は資本金や設立費用の準備
・事業用の銀行口座やクレジットカードの作成
・退職にあたっての手続き など…

上記は、起業にあたって必要になる作業の一例です。このほかにも、法人であれば会社の印鑑の作成などの手続きが必要になります。また、事業をスタートさせた後にスムーズに売上を作るために、購入してくれる確率が高い見込み客や販路、集客ルートや資金の確保も大切です。

タスクが整理出来たら、スケジュールを立てて実行していく

起業にあたってやるべきことが整理出来たら、あとはその作業をいつどんな手順でやるのかを文字に起こしてスケジューリングしていきましょう。初めて起業する場合は分からないことも多いですが、1つ1つ解決していくことが大切です。

最近では、会社設立や登記簿登録にあたって必要な手続きや誰に質問するべきかといった情報もネットで検索することができます。また、独立開業にあたって信頼できる税理士や行政書士から回答が欲しい場合は、2chなどで評判を事前に調べておくことも可能です。

できるだけ少ないリスクで確実に起業を成功させるために、スケジュールを立てて確実に実行していきましょう。

2chに見る起業に成功する人・失敗する人の違い

2chに限らず、ネットでは起業に成功した人、失敗した人に関する投稿がどちらもたくさん見つかります。スムーズに起業するために、成功した開業例や価値観を学び、失敗した人から教訓を得ることが有効です。

そこで以下では、起業に成功する人・失敗する人の特徴について見ていきましょう。

必要な情報収集をしっかり行おう

情報不足なまま起業に踏み切ってしまうと、後戻りできなくなって失敗するケースが多いです。自分に必要な情報が何なのかを見極めて、十分な情報をもとに行動に移していくことが大切になります。

ただし、2chやコミュニティサイト、まとめブログなどでは役に立つ情報と、そうでない情報が混在しているのも事実です。つい起業と関係ない話題に引っ張られてしまうこともありますので、必要な情報だけをきっちりピックアップしていってください。

実際に行動に移していくことが重要

情報収集ができたら、具体的な行動を起こしていくことが大切になります。もし今会社勤めをしている場合には、退職について上司に相談したり、退職届を書いたりといったことも起業に必要な行動の一つです。学生時代からベンチャーなど新規事業を立ち上げていく場合にも、行動力が大切になります。

さらに、商材やサービスの開発、Webサイト作成などを具体的に進めたり、最初は副業という形で経験を積むことから始めたりするのもよいでしょう。成功する人ほど、行動に移すスピードや1日の行動量が多い傾向があります。学歴や出身大学、現在の年収よりも、具体的な行動に移せるかどうかが起業を成功させるカギです。

まとめ 起業に必要な情報は2chなどで調べつつ具体的な行動を!

起業に必要なことは、情報収集と行動力です。調べるべき情報は2chやネットで調べつつ、具体的な行動を起こしていくことが大切になります。今回の情報を参考に、ぜひ起業に向けてのスケジュールを立てて実行していってください。

起業する時に役立つ補助金は?開業資金や運営資金を支援してもらえる方法を解説

起業に資格は必要?独立時に持っておくと有利な資格6選

近日開催のセミナー情報

無料セミナーのご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら
説明会のご案内はこちら