ニュース&トピックス

成婚者の8割が「運命のお相手と結婚出来た」9割が「カウンセラーサポートは必要」と回答!

2021.06.10 リリース
株式会社IBJ(代表取締役社長:石坂茂、本社:東京都新宿区、東証一部:6071)は、成婚率50.4%*を誇る直営結婚相談所『IBJメンバーズ(https://www.loungemembers.com/)』で過去にご成婚退会された986人にアンケート調査を実施し、「お相手選びのポイント」や「プロポーズの決め手」について調査しました。

■調査結果サマリ

  • 成婚退会後の8割のカップルが「6ヶ月以内」に入籍をしている。
  • プロポーズの決め手として「ずっと一緒にいたいと思った」が最も多く(582人)、
    結婚指輪を渡して(受け取って)いるカップルは8割に。
  • 成婚後も、8割の方が「運命のお相手と結婚できた」と回答。
  • 活動中、カウンセラーのサポートを「必要」と感じた方は9割に!

■調査結果
※小数点第二位を四捨五入していますので、合計が100%にならない場合がございます。

IBJの成婚は=婚約と定義。親御様へのご挨拶やプロポーズのサポート等、様々なハードルをカウンセラーと共に乗り越え、成婚退会へと至っています。成婚退会から入籍までの期間としては、「3~6ヶ月以内」が37.7%と最も多く、半年以内に入籍された方は8割となりました。

婚活中に求めていた条件については、男性は「年齢」「見た目」、女性は「年収」「年齢」を譲歩したという声が多くなりました。一方で、プロポーズの決め手としてもあるように「ずっと一緒にいたいと思った」「将来をリアルに想像できた」「この人以上はいないと思った」という ”お相手の内面” や ”自身との相性” を最終的な決め手としている回答が多く、条件面だけで成婚まで至るカップルは少ない事がわかりました。

さらに、結婚後も「運命のお相手と結婚できた」と感じている方は8割に。ドラマのような ”偶然の出会い” だけが運命ではなく、「ずっと一緒にいたい」と思えるお相手こそが”運命の人”と言えるのかもしれません。

最後に、結婚相談所の活動において、9割の方がカウンセラーのサポートを「必要」と感じていることが分かりました。婚活は、”選ぶ” だけでなく ”選ばれる” ことも大切です。お一人での婚活は、判断に迷ったり、不安になったり、時に婚活疲れに陥ることもあります。そんな時こそカウンセラーの親身なサポートが、交際のハードルを乗り越え、成婚の可能性を高めることにつながっているようです。本データが、婚活をされている皆さまの『お相手選び』の参考になれば幸いです。

===============
【データについて】

調査方法:インターネット調査
調査対象:IBJメンバーズで過去に成婚退会された986人(活動時期は問わない)

【データの引用・転載に関するお願い】
本データの著作権は当社が保有します。調査データの引用・転載時には、必ずクレジット「株式会社IBJ」を明示くださいますようお願いいたします。また、Webサイト(http://www.ibjapan.jp/)(https://www.loungemembers.com/)へのリンクも貼っていただけますと幸いでございます。

【取材・転載に関するお問い合わせ先】
pr@ibjapan.jp(株式会社IBJ 広報 椎名)

*2020年4月~9月の半年間での主要コース実績。当社では、一定期間内における退会者のうち、成婚退会者の割合を『成婚率』としています。

■IBJメンバーズ
https://www.loungemembers.com/
成婚主義のもと、業界屈指の成婚率50.4%*を実現。独自の成婚メソッドと、カウンセラーの育成に注力することで、質の高いサービスを提供しています。IBJグループ相談所の「ZWEI」「サンマリエ」と連携し、IBJ加盟相談所2,700社超とリレーションを図ることで、全国で結婚の幸せを育んでいます。