婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】シャンティAKI

孤独を癒し自分に合った結婚相手を見つける

シャンティAKI「孤独を癒し自分に合った結婚相手を見つける」-1

幼少期に親にわかってもらえなかった場合、他者に目が向く

「孤独」を感じ寂しいから結婚したいと思った時は、寂しい感情を癒しながら婚活を進めてみます。

「孤独」の裏には、誰にもわかってもらえないという寂しさが潜んでいます。わかってもらえなくて寂しいので、この寂しさを自分で癒すことができると、他者に埋めてもらう必要がなくなり、自分の感覚を大切にして自分に合う人を見つけていくことができます。

わかってもらえない感覚は、幼少期の頃、親に「わかってもらえた」という経験が少なかった方が多いと思います。わかってもらえなかった経験が多いと、どうすれば「わかってもらえるのか」と他者にエネルギーを向けてしまいます。

自分のために使うエネルギーが足りなくなると、自分にとって望ましいのは、何なのか直感が働かず何を選択すればいいのか、どうしても条件の良しあしで結婚相手を探してしまいます。

条件でお相手を見ていくと完璧な人はいませんので、わからなくなります。

そこで、自分のネガティブな感情を癒しながら婚活を行ってきます。


癒しは、心と身体のリラックスから

孤独や寂しさを感じてネガティブな気持ちになった時、気持ちに連動している身体の反応にさりげなく注意を向けていきます。感情は無意識の働きなので、その感情と共に身体が反応しています。気持ちは形にはできませんが、身体の反応なら捉えやすくなります。

その感覚に意識を向けていきます。身体の外側のオーラに違和感を感じる人もいらっしゃいますので、その場合は「何となく、この辺り」という身体の外側に意識を向けます。

私の場合は、後頭部あたりが重く感じました。それぞれの感覚がありますので、自由に気楽に感じてみて下さい。

身体の反応にさりげなく意識を向けながら深い呼吸を繰り返していきます。深い呼吸と共にゆっくりとリラックス状態に入っていきます。リラックスすることが一番の癒しにつながりますので、ただただ呼吸に注意を向けて「吸って」「吐いて」を繰り返すだけ。
さらに身体の反応に気持ちを向けていると、重かった感覚は自分の一部分となり溶け込んでいきます。この溶け込む感覚になるまで、深い呼吸を続けていきます。
身体の反応に気持ちを向けることで、エネルギーがその部分に注入されて癒しが起こります。

自分で癒せたら「こひしたふわよ」で選択していく

自分で癒すことができると人に頼らなくてもいいので、心強いものです。その状態は、自分ひとりの時間を自分のために心地よく過ごすことができる状態です。

そんな時の出会いは、相手に寂しさを埋めてもらわなくてもいいので、より楽しいお付き合いができ、結婚してもそのまま楽しい生活を送ることができます。

自分をリラックスへと導き癒すことができたら「心地よい感覚」に従って人生を選択していきます。

スピリチュアルカウンセラーの並木良和氏がおっしゃっているお言葉で、婚活にも役立ち人生も楽しく生きるヒントになりますので、ご紹介致します。

「こひしたふわよ」で選択する

こ・・・心地良い

ひ・・・惹かれる

し・・・しっくりくる

た・・・楽しい

ふ・・・腑に落ちる

わ・・・ワクワクする

よ・・・喜びを感じる

仕事も人間関係も婚活も「こひしたふわよ」で、選択していきます。

「自分の心地よい感覚」で結婚相手を見ていくと、気を遣わず「この人好き」「この人ちょっと違うかも」と「合う、合わない」がハッキリ見えていきますので、婚活に最適です。

自分の寂しさを癒し「心地よい感覚」で、自分に合ったお相手と結婚して、楽しい生活を過ごして下さいね。


  • 婚活のコツ
  • 自分磨き

この記事を書いた結婚相談所

シャンティAKI

シャンティAKI

東京都千代田区飯田橋1丁目8-9 ニューシティハイツ飯田橋707

飯田橋駅から徒歩5分

https://shanti-aki.com/