婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】シャンティAKI

無意識を活用した方が婚活は楽しくチャレンジできる

シャンティAKI「無意識を活用した方が婚活は楽しくチャレンジできる」-1

無意識のなかの直感力を働かせて

こんにちは。シャンティAKIの神谷です。夫婦でサポートさせていただいております。

婚活では、意外と無意識を活用した方が上手くいくと思うのです。

結婚は本人同士の同意と共に、親御さんとの関係も少なからず関係してくるため、条件を考えますが、条件を考え過ぎると本当に決められなくなります。

やはり、感性や感覚で「この人」といった無意識のなかの直感的なものが働いた方が、自分が幸せになる、幸せを感じる方向を決めやすくなります。

日頃から無意識と繋がる習慣を持っていないと「いざ」という時に「直感では、この方とはどうなの?一緒に生活したい?」と尋ねてみても音信不通でよくわかりません。


FAP療法を活用してみると

当相談所では、不安を解消する療法の一つであるFAP療法を活用させていただいております。

その中の方法の一つに「心に聞く」と言う方法があります。

無意識さんに繋がる簡単な方法ですので、ぜひ活用していただければと、ご紹介させていただきます。

「心よ!」と質問したいことの前につけるだけで、自分の感覚と繋がりやすくなるのです。

日頃から「心よ」とつけて自分に質問する習慣をつけておくと、無意識の感覚的な何か、直感のようなものが働きやすくなっていきます。

慣れるためには、日常生活の中で「心よ!今日は、何が食べたい?」など、何かを選ぶ時に活用していきます。他にも「心よ。今、私が一番やりたいことを教えて」など、何を聞いてもOKです。

慣れていくと、婚活で「心よ。今、お付き合いしているこの人と私は結婚したいと思うの?」と大事なことを尋ねた時、自分の本音で感じることができるようになっていきます。


自分を中心にしてみる

私たちは、人に合わせることが習慣になっていますので、自分のことを後回しにすることが多いものです。

自分を後回しにしている間に、自分は本当は何が好きなのかどっちがいいと思っているのかわからなくなってしまいます。

日頃から自分を中心に考えて、自分の感覚で選択する習慣をつけていくといいですよ。

自分を中心にして大丈夫かと思っちゃいますが、自分の感覚を大切にして決めていく方が、人間関係も上手くいったりします。

これからの時代は、人に合わすよりも「私は、こんな感じです」と自分の感覚をしっかり持ち自分軸で生きる時代です。

今までは、他者に合わす風習でしたが、今、時代が大きく変化してきていますよね。「自分はこう思います」と自分の感覚を持っている人の方が上手くいっています。

自分軸というのは、自分はこうしたいと思い主張していくのですが、否定された時「そうですね」と、自分を受け入れるのと同じように相手のことも受け入れることでもあります。

自分を尊重するのと同じく相手も尊重するので、自分軸で争いは起きません。この部分をはき違え、自分と感覚が違っている相手を批判しちゃうと争いになってしまいますので、大きなポイントになります。

「心よ!」で自分の感覚を中心にして、自分の感覚を確認しながら物事を決めていくと、その先には心豊かな幸せを感じる人生が待っていると思いますよ。


by ISA


FAP療法、詳しくはこちら

https://shanti-aki.com/fap

シャンティAKI

  • 婚活のコツ

この記事を書いた結婚相談所

シャンティAKI

シャンティAKI

東京都千代田区飯田橋1丁目8-9 ニューシティハイツ飯田橋707

飯田橋駅から徒歩5分

https://shanti-aki.com/