婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】シャンティAKI

今は、婚活も楽しむ時代

シャンティAKI「今は、婚活も楽しむ時代」-1

婚活を楽しむキーワード「こひしたふわよ」

こんにちは。シャンティAKIの神谷です。仲良し夫婦でサポートをさせて頂いております。


人の本質的な生き方を問うスピリチュアル的な要素も取り入れていくと、婚活も楽しく行えるのではないかと思っています。

スピリチュアルカウンセラーの並木良和さんが仰っているお言葉で「こひしたふわよ」で選択して生きると上手くいくというキーワードがあります。人生が上手くいくキーワードですので、もちろん婚活にも役立つと思います。

「こひしたふわよ」の意味をお伝えすると

こ・・・心地良い
ひ・・・惹かれる
し・・・しっくりくる
た・・・楽しい
ふ・・・腑に落ちる
わ・・・ワクワクする
よ・・・喜びを感じる

こんな感覚で婚活も仕事も人間関係も選択できれば、人生楽しいですね。
ところが「そんなこと無理でしょう」って思ってしまいます。

「こひしたふわよ」で選択するのが難しい理由

これは、親から学んだ価値観の影響だと思います。昭和の時代背景は、努力しなければならない時代でした。

親の価値観を子どもに教えるのは自然なことです。

親御さんは「苦労と努力をして成し遂げる」と言った価値観があり(個々に違いはありますが)、それが正しいと子どもに教えたと思います。

平成、令和と時代は移り変わり、自分の本質的な生き方をされる方が増えてはきましたが、まだまだ「苦労と努力」と言った考え方が残っており、混在しているのが現状ではないでしょうか。

自分の魂に沿った本質的な生き方とは、いろいろな捉え方があると思いますが、ここでは、自分が心地よい「こひしたふわよ」で選択し本質的な人生を生きるお話をさせていただきます。


「こひしたふわよ」で選択して生きるとは

「こひしたふわよ」で生きるのは、一見、我がままな生き方に見えるかもしれませんが、心地よいものを選択していくというのは、自分の選択の責任で、他者の所為に一切しない生き方でもあります。


自分の心地よい選択は、あくまでも自分の選択で、他者から「それは、間違っているよ」と言われても「そうでしたか」と受け入れて「どうして、わかってくれないの」と反論する必要はないということなんです。

ここが難しいところで、他者や世間に認めてもらえないといけない感覚って残っていますよね。親にそう教えられてきたので、なかなか抜けないところです。

私も今は「こひしたふわよ」で選択できるようになってきましたが、1年半ほど前にこの選択肢を知った頃は、とても無理でした。

周りに合わす生き方をしてきましたから、自分が心地よい感覚すら分からなくなっていたんです。

周りに合わす生き方は、私の場合、母親の顔色を伺い育ってきたことからなのです。もし、あなたが両親、あるいはそのどちらかとの関わりが気になり、程よく距離が取れず引っ張られる傾向にあると思われる場合は、もしかすると「トラウマさん」の影響があるのかもしれません。

「こひしたふわよ」で、楽しく生きやすくなるために!

トラウマとは、まだよく状況が理解できない幼少期に、親の関わり方などで、傷ついてしまい、親の事情はわかりませんので、ショッキングだと感じ、感情が整理されず、感情と記憶が統合されないまま無意識のなかに嫌な感覚だけが残っている状態のことです。

大人になり傷ついたと感じた状況と同じような場面で、嫌な感覚だけが再上演されてしまいます。

状況をちゃんと見ることができず、逃げたくなり、逃げるとより状況を見ることができませんので、解決されないまま諦めてしまうという悪循環だけが繰り返されると言うことなんです。

この状態では、人間関係はしんどいものになっちゃいますし、婚活は、お相手と向き合っていきますので、楽しく行うのは難しいですよね。

「トラウマ」というと、そこまではと思われると思いますが、傷ついた心は見たくないので、気付かないまましんどい思いをされているケースが多いように思われます。

「人間関係がしんどいなぁ」とか「親との関わりがしんどいなぁ、ちょっと重荷かなぁ」という場合は「トラウマさん」が、もしかするとあるのかもしれませんね。

「トラウマさんの解消」には、FAP療法(Free from Anxiety Program(不安からの解放プログラム))が適切だと感じています。

現代催眠を使った新しい心理療法で、大嶋信頼氏らによって開発されました。

トラウマという程、傷ついた感覚がない場合も、過去を思い出す必要はありませんので、何か気になることがあって頭から離れず、目の前のことに集中できないといった場合などにも有効なんですよ。

具体的な方法をお伝えするのは難しいのですが、簡単にお伝えすると相談者様に必要な特有のキーワードを探索し、キーワードを使い、感情と記憶の統合(こういう状況ではこんな感情が働くんだと整理されていくと落ち着いて状況を見るようになっていきます)を行っていくというものです。

現代催眠と言っても、意識はハッキリしています。セラピーの内容は全て覚えており、セラピストに操作されるようなものではありません。

私自身、この「トラウマさん」を感じており、FAP療法で自由になった一人なんです。「トラウマさん」を解消していくと、もちろん「こひしたふわよ」で人生を選択しやすくなっていきます。

今では、シャンティAKIでも取り入れています。

一人でも多く、何かわからに重たい感覚から自由になり「こひしたふわよ」で人生を選択し、楽しい結婚生活を送る人が増えるといいなぁと思い紹介させていただきます。

by ISA

FAP療法、詳しくはこちら

 https://shanti-aki.com/fap

シャンティAKI

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み

この記事を書いた結婚相談所

シャンティAKI

シャンティAKI

東京都千代田区飯田橋1丁目8-9 ニューシティハイツ飯田橋707

飯田橋駅から徒歩5分

https://shanti-aki.com/