婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】シャンティAKI

自分の心の声を聞く

シャンティAKI「自分の心の声を聞く」-1

シャンティAKI代表の神谷伊左代です。「ありのままの自分でいられるパートナー」を探すお手伝いを夫婦で行っております。


自分の本当の「心の声」を聞けていますか?


自分の心の声に耳を傾けていくことは、婚活されている方にはとっても大切なことですよね。


「本当にこの人でいいのかな?」と迷うこともあるかと思います。そんな時に、自分の心の声が聞ければいいですよね。それを頭で考えてしまうと、条件や損得を考えてしまい「こっちは理想だけど、こっちは違うな」と足りないところに目が向いてしまいます。


FAP療法では、「心に聞く」という方法をよく使います。セルフカウンセリングをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。


「心に聞く」は、簡易的な現代催眠ですので、通常意識して行うセルフカウンセリングよりも心の深いところにアクセスできますので、自分の本当の「心の声」を感じとりやすくなります。


現代催眠と聞くと「何か怪しくて怖い」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、催眠というのは実は日常で体験しているごく自然な状態なのです。


例えば、

○朝起きて、まだ少しボンヤリとしている状態
○夜、お布団やベッドに入り、眠る少し前のウトウトした状態

このような状態は全て催眠状態なんです。


私たちの意識には、顕在意識(一般的には意識)と潜在意識(無意識)があります。この力関係は、顕在意識(一般的には意識)が10%程度に対して、潜在意識(無意識)は90%程度と言われています。


この意識と無意識の間に、成長する中で「クリティカルファクター」と言われる境界のような膜ができていきます。個人差がありますが、13歳頃には出来上がると言われています。この膜が程よく緩まった状態が催眠状態です。


「心に聞く」ための方法は自分に尋ねる質問事項の前に「心よ」とタグを付けるだけ。


「心よ」という単語が「クリティカルファクター」をほんの少しだけ緩めてくれる役割を果たします。


「心よ」なんてバカらしいと意識で判断しちゃうと「クリティカルファクター」は緩まず無意識からの答えや感覚を受け取ることができなくなってしまいます。


実際にやってみて感覚が掴めると、とっても楽ですよ。


幸せセンサーを磨くためにも「心に聞く」で自分の感覚を取り戻していきましょう。


by ISA


この記事を書いた結婚相談所

シャンティAKI

シャンティAKI

東京都千代田区飯田橋1丁目8-9 ニューシティハイツ飯田橋707

飯田橋駅から徒歩5分

https://shanti-aki.com/