婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】サンライズブライダル

52歳男性から第二子妊娠の報告

サンライズブライダル「52歳男性から第二子妊娠の報告」-1

52歳男性から第二子妊娠の報告

こんにちは。

年の差婚活カウンセラーの米谷英夫です。

52歳の男性から第二子妊娠の報告を受けました。

第一子は彼が51歳の時に出産されました。

とても元気な彼ですね!

彼はどんな人物なんでしょうか?

詳細を説明します。

 

彼は50歳の時に、出会いアプリで20歳年下の30歳のネイリストの女性と結婚しました。

第一子は彼が51歳で、奥様が31歳の時に出産しました。

彼は歳が歳なので、本当は34年は間を空けたかったらしいですが、第一子が13ヶ月の時に、奥様が第二子を妊娠したとのことです。

 

すみません。

彼とは私米谷英夫のことです。

ここで報告ですが、妻が無事に第二子を妊娠いたしました。

子供は最低でも2人、出来たら3人か4人産みたいと思っていたのですが、無事に妻が第二子を妊娠いたしました。

2年後に大丈夫そうであれば、今度は第三子を授かりたいと思っています。

 

私は50歳で結婚したのですが、結婚した暁にはぜひ子供がほしいと思っていました。

今から5年前には産婦人科に行き、性病検査と精液検査をしました。

性病は全く異常ありませんでした。

精液検査では、精子が基準値の15倍あることが判明しました。

かの有名なビッグダディの林下さんが基準値の18倍あるとのことなので、林下さんに負けず劣らずの数値です。

 

妻には独身の時に、子宮や乳房に異常がないか、をはっきりと確認しました。

妻は直前に子宮の検査をしており、異常がないと私に言いました。

もしそこで異常があると伝えられていたら、私は結婚をためらったかも知れません。

                              

私は子供は4月か5月か6月生まれがいいなと思い、妻に承諾を得て、妊娠して、その後に入籍しました。

そして今度は第二子を妊娠することが出来ました。

 

不妊の原因は女性にあるのではなくて、男性にも平等にあります。

女性の検査のみならず、ぜひ男性も精液検査をすることをお勧めいたします。

もしも二人に子供が授かれないと判明したのであれば、「養子縁組」を利用する手があることを頭に留めておいてください。

愛する夫と妻の二人で手に手を取り合って行う「子育て」はとても貴重なものです。

例え血が通わっていなくても、自分達が育てた子供はとても愛おしいものです。

「養子縁組」を選択の一つに入れていただければ、婚活の幅が広がると思います。

「絶対に若い女性と結婚しなければ子供が授からない。」と言う呪縛から解放されるからです。

 

早く第二子に会ってみたいです。

希望は、ただただ元気に生まれて来てくれたらそれだけでいいです。

子供は家庭の中の太陽だからです。

  • 結婚準備
  • 男性向け
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

サンライズブライダル

サンライズブライダル

東京都中野区若宮1-9-11 オランジェリ3階

西武新宿線 野方駅から徒歩6分以上

https://www.sunrisebridal.jp/