婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】結婚相談所 ensoleillé(アンソレイエ)

【恋愛】 と 【結婚】の違いって?

結婚相談所 ensoleillé(アンソレイエ)「【恋愛】 と 【結婚】の違いって?」-1

結婚は恋愛の延長?

さて、今日は

【恋愛】【結婚】の違いについてです。

 

「結婚をする」となると、

人を好きになり、恋愛状態になって、結婚に至る。

…というイメージが一般的なのではないか、と思います。

 

すると恋愛の延長が結婚、となんとなく考えている人は多いかもしれません。

そうなると、恋愛と結婚に違いはないような気がしますね。

恋愛と結婚は同じなのでしょうか。

 

婚活カウンセラーの私の答えとしては、

 

恋愛と結婚は、違います。

 

 

ズバリ!

 

 

の違いです!

 

 

そして、さらに言うと、

恋モードのまま結婚に至ってしまうといずれ離婚します。

 

恋愛から結婚に至る【恋愛結婚】は良くあることですが、

結婚するのであれば、

ちゃんと「恋」から「愛」にシフトチェンジする必要があるのです。

 

これは、付き合っている期間や過ごしている時間は関係ありません。

スピード婚で「恋」状態のまま結婚すると成田離婚(古い?)にもなりやすいわけで、

スピード婚でもちゃんと「愛」に代わっていれば長続きするし、

長年付き合っていても、「愛」の状態にシフトしてなければ結婚には至らない。

 

では

どういう状態が 「恋」 で、

どういう状態が 「愛」 と言えるのでしょうか。


【恋】とは

恋しているときって、どんな気持ちでしょうか。


相手に会ったり、相手の事を考えると、

きゅんきゅんして、嬉しくなって、一緒に居たいと思うこと。


相手に嫌われたくないなと思い、身だしなみを整えたり、洋服は何を着ていこうか悩んだり、

自分のことを良く思ってほしいと思い、できれば同じかそれ以上好きになってくれると嬉しいな、と考える。


恋をしていると、そんな感じではないしょうか。


よく、恋をすると女の子は綺麗になる、とかいいますよね。

それって、その男(ヒト)のために女磨きを頑張っちゃうし、笑顔になっちゃうし。

好きな人に会える!となれば、仕事も頑張れちゃうし。

お付き合いも順調に進んでいたら、もう自分自身が今最高にキラキラ!…だからでしょう。

周りからも輝いて見えるわけです。



ただ、その状態のまま、結婚したとしたらどうでしょうか。


そう、恋する力は、それがエネルギーになって、よく言えば「頑張れる」のですが、頑張っている状態が継続すると、必ず疲れます。

そして、その恋している状態は、決して「ありのままの自分」ではなかったりするのです。

もしかすると、素の自分はもうちょっといい加減で、もう少し適当かもしれない。でも、彼の為には頑張る。だって嫌われたくないし、彼の一番で居たいし。

苦手なことも苦手って言えない。

あんまり好きじゃないことも好きじゃないって言えない。

日に日に、ありのままの自分が出せないことの「我慢」が溜まっていきます。



相手に良く思われたい、

その心がけとしては悪くありません。


ただし、結婚は=生活です。

頑張り続けなければ成り立たない関係性のまま結婚してしまったら、苦しくなるのは自分です。

それを相手に「わかってくれない」と嘆くのも違うわけです。

だって、相手はあなたが頑張っている状態が普通だと思うので、辛いかどうかなんて知らないのですから。

【愛】とは

一方【愛】とはどういうことでしょうか。

【恋】も好きな気持ち

【愛】も好きな気持ちには変わりありません。

 

でも好きの形がちょっとちがいます。

【恋】はきゅんきゅんの好き。

【愛】は、

「安心感」「落ち着き」「居心地のよさ」の好きです。

 

要するに、お互いが自然体で接することができ、ありのままの自分で居られること。

  

お互いに、良いと思っている部分はあるし、配慮も気遣いもするけれど、

自分の嫌な部分や、苦手なことも相手に曝け出せるし、

相手の嫌な部分や、苦手なことも許容できる。

片方が得意なのであれば、カバーしあえるし、

二人で協力しあえばどうにかなる。

何にお金をかけていくかの価値観が似ている。

この状態になれば、「結婚=生活」ができるイメージが湧くわけです。

 

よく、何年も長く付き合った彼と結婚するつもりでいたのに、なかなか話が進まず、

結局別れることになったけれど、彼の方は次に付き合った全然違うタイプの女性とすっと結婚していった。

みたいな話がありますよね。

 

それも、恋愛と結婚の違いを考えた時に、

自分が「一緒に生活できる相手」を考えた結果の出来事なのだと思います。

 

あんなに長く付き合ったのに、とか。

あんなにあれこれしてあげたのに、とかは、全然関係なかったのです。

 

なので、恋愛結婚をする場合に、

恋のモードのまま結婚してしまうと、絶対にあとあと苦しくなり、その人と一緒に居るのがお互いにつらくなってしまうから離婚になります。

恋から始まっても愛の状態にシフトできたからこそ、真の結婚に至るわけです。

婚活に迷走しているときに陥りがちなこと

「恋」と「愛」の違いについて簡単にお話してきましたが、ご納得いただけたでしょうか。


実際に身近な結婚しているご夫婦や、ご自身の親御さんをイメージしていただけると、なんとなく納得できるかもしれないです。


ここで大事なポイントは、

「恋」をしてから「愛」が育まれ結婚に至ることはありますが、

「恋」をしたからといって必ず「愛」が産まれるわけではないということ。

つまり、「恋」の相手次第では、「愛」に至らない場合もあるのです。


【結婚】をするのであれば、「愛」に至る出会いをしなければなりません。


婚活をする上で、

お見合いも交際もしているのに、

なかなかうまくいかない方が陥っているのがまさに

「恋」 を探してしまっている状態なのではないか、思っています。


「なかなか好きになれないんです」

カウンセラー同士で話をしていると、婚活している女性陣からよく聞くセリフ!とあるあるになります。


好きになれそう、と思うようなタイプからはOKがいただけず、

良い人だな、と思うタイプは交際に至っても「好きになれない」

「好き」っていうのは気持ちですから、この人のことを好きになりなさいよ、とは決して強制できないもの。

そして、好きじゃなくてもいいから一回結婚してみれば、これも簡単には言えませんよね。


このように「好きになれない」に陥ってしまうと、本人にとってもカウンセラーにとっても行き止まりで辛い婚活になってしまいます。


そこで、

そうなってしまった場合には、この求めている「好き」がどういう好きなのか、

ただの【恋】なのか【愛】に至ることのできる「好き」なのか、立ち止まって冷静に考えてみてほしいと思います。



どういう方が婚活で迷走しやすいのか、

どうやって乗り越えていけばいいのかについて、

次回のブログで、書いていきたいと思います!

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み

この記事を書いた結婚相談所

結婚相談所 ensoleillé(アンソレイエ)

結婚相談所 ensoleillé(アンソレイエ)

東京都墨田区江東橋5-8

JR 錦糸町駅 ※他首都圏を中心に出張致しますから徒歩5分

https://www.bc-ensoleille.com/