婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】with_it

理系夫の生態♡家計編~エンジニア to 結婚しよう♡

2019.12.18 with_it
with_it「理系夫の生態♡家計編~エンジニア to 結婚しよう♡」-1

今回の『エンジニア to 結婚しよう♡』は・・・

こんばんは。

結婚相談所『with_it』の新人婚活エージェント

Emilyです♡


“理系男子婚活研究家”

(リケダンコンカツケンキュウカ)と勝手に名乗り

『エンジニア to 結婚しよう♡』をテーマに

こちらでブログを書いています。


婚活ってどうすればいいの?と気になってきたエンジニアの方

エンジニアとの結婚もいいかも?とお考えの女性の方

ぜひご覧になってください♪


Emilyの旦那さんも理系男子です◎

私の自己紹介はこちらから↓

https://www.ibjapan.com/area/tokyo/55068/blog/22988/



さて、今回は前回に引き続き『理系夫の生態シリーズ②』をお送りします。

Emilyの旦那さん(Emi夫。38歳)は電気系理系男子。

愛すべき理系男子の生態をご紹介します。

・・・どうか旦那さんにバレませんように。


理系男子にも、文系女子にも

理系夫の結婚生活って楽しそう!

思ってもらえれば嬉しいです♡

家計簿のつけ方に物申す!

それはまだEmilyが独身の頃のこと。

会社の既婚の先輩たちとランチをしていると

「結婚したら、友達とは子供と家計と保険の話しかしなくなるよ~」

とよく言われていました。


・・・ええ、実際そうでした。


ママ友とは子供の話をすることが大半ですが

付き合いの長い学生時代からの友人との話題には、

『家計』の話題もよく上がります。

全て折半だったり、財布は別だったりと様々ですが

我が家は誰もが羨む『夫が家計を管理』パターンです。


前回ご紹介した

理系夫の生態を書いた漫画『理系クン、夫婦出来るかな?』

中に出てくるN島夫妻もこのパターンでした。



元々Emilyも独身の頃から家計簿をつけていました。

キティちゃんのかわいい手書きの家計簿帳に♡

そこにEmi夫のメスが入ったのは、結婚してすぐのこと・・・!


「え?いまどき手書きの家計簿書いてるの?」

「足し算引き算、手計算なの?時間のムダ!!」 

「アプリ入れなよ、評価良いの調べるからちょっと待って!」

「ほら、これレシートの写真とるだけらしいから」

「キャラクターもアルパカとか出てきてかわいいよ!」

「はい、インストールして!!!」


・・・とまぁ、怒涛の効率化指導によって

我が家の家計簿はアプリ化された訳です。

(キティちゃんかわいかったのに・・・)


確かに今思うとEmi夫の言う通り

時間も労力もかけているわりに

計算間違えてたり、出先では予算の残りが分からなかったりする

紙の家計簿よりもアプリの方が使い勝手はいいわけで。


でも自分的にもうルーチンになってしまっていることって

なかなか変えようとすら思わなかったりしますよね。

時間の節約と生活の利便性向上に燃えるEmi夫 

ことあるごとにEmilyのルーチンにメスを入れてくる

世話焼き系理系男子なのです。

目からウロコで助かることもあるし、

ちょっと面倒くさいことも、もちろんありますがね!

とにかく頼もしい理系夫・・・!

さて、家計簿をEmilyがつけているなら

お金の管理はEmilyがやっているんじゃないの?

となりそうですが、私が担当しているのはほんの一部。

月●万円をEmi夫から預けられ、その中で食費やら教育費を

まかなっているだけなので

家計全般はEmi夫が全て把握しているのです。


Emilyは決められた範囲でやりくりするのは

割ときちんと出来るタイプなのですが

全体を俯瞰して収支の見通しを立てる

などは苦手というか、正直興味がありません。

まぁ、働いてるし、食いっぱぐれることはないかなと思ってしまう・・・

Emilyのようなタイプの女性は、実は多いかもしれません。


そんなお金の管理苦手系女子にとって

数字に強くて、計画的で、ムダが嫌い。

決してケチではないけどコスパにこだわる。

(詳しくは理系夫の生態①を見てね♡)

そんな理系男子は、初めは窮屈に感じることもあるかもしれませんが

家計にとって、とても頼もしい存在です♡


Emi夫も夜な夜な、芋焼酎片手にブツブツ言いながら

Emilyに利息の高い銀行口座やNISAの開設を促したり

エクセルで老後までの資産運用をシミュレーションしていたり

育休中のEmilyにFPの資格を取るように勧めてきたり

(単調な暗記が苦手だから自分では無理らしい)

とにかく、家計の管理に意欲的。


フワッと根拠なく「節約しろ!」と旦那さんに言われても

ちょっとイラっとして終わりますが

何にお金がかかっているのか、その支出はスポット的なのか継続的なのか

などなど支出の特性を一緒に把握して、論理的に解決してくれようとする姿勢は

理系夫の強みに違いありません。



理系夫を持つと安定した老後が送れる・・・かも?!

  • 婚活のお悩み
  • 男性向け
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

with_it

with_it

東京都港区南青山3-1-3

東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩3分

https://with-it.me/