婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】婚活サロンLuana

どうでもいい存在になるな!

婚活サロンLuana「どうでもいい存在になるな!」-1

一線を越えるにはちょっとの勇気だけだ!

結婚相談所ではお見合いをしてお互いにオッケーがでると「交際に入る」という言葉を使う。

これは一般的に使っている「交際」とは少し違っていて知人から友人になったぐらいの意味合いになる。

お見合いの日からなるべく日を開けずに1度目のデートの約束をし、お食事など軽めのデートに行き、お互いのことを少しずつ探り合う時間を過ごす。

そこでよくある話なんだけど何回か会ってみてどうでしたか?と聞くと「まだよくわかりません」とか「可もなく不可もなくです」などの返答をよく聞く。

もちろん数回会っただけではよくわからないし、そんなの普通でしょ!と思われる方もいると思う。

しかしこれはどういうことかというと、お互いに感情をぶつけられない「どうでもいい」存在になってしまっているのだ。

人の感情が動く時というのは、気持ちをぶつけられた時だ!

たわいもない会話をただひたすら続けていても心は動かない。

タイミングはすごく大事だけど、どちらからか仕掛けていかないと二人の恋は始まることすらない。

例えば数回目のデートで思いきって手を繋いでみる!でもいいだろう。

その結果として嫌われてしまうこともあるだろう。

ただこの時初めて相手の心が動くのだ。

「ドキッ」とさせれたらこっちのもんだ。

逆に「不快感」を与えてしまう可能性もあるだろう。

だが、この仕掛けをしない限りあなたは相手にとって「どうでもいい存在」なのだ。

好きでも嫌いでもない「どうでもいい相手」

それでは恋愛のスタートラインにも立ててないのはもうおわかりだろう。

嫌われるのは怖い。

でも何か仕掛けない限りは好きにもなってもらえないのだ。

そこはどんな本やブログをみてもやり方は書いてない。

ほんの少しの勇気だけだ。

がんばりましょう!

僕も全力でサポート頑張ります!

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • 自分磨き

この記事を書いた結婚相談所

婚活サロンLuana

婚活サロンLuana

埼玉県加須市花崎3-22-12

東武伊勢崎線 花崎駅

http://www.hirocafe-sunsmile.jp/