婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】ひなたのご縁

コロナ禍でも結婚へ!

2020.08.10 ひなたのご縁
ひなたのご縁「コロナ禍でも結婚へ!」-1

コロナ第二波到来の今考えたい

ひなたのご縁「コロナ禍でも結婚へ!」-2

猛威を振るう「新型コロナウイルス」の第二波真っ只中。

緊急事態宣言こそ出ていませんが、日本全国がコロナ危機となり、婚活のスタイルも変わってきています。


「コロナが始まる前に結婚しておけばよかった!」

「もっと真剣に婚活しておけばよかった」

「今は仕方ないから、コロナが収まるまで待とう、、でもいつまで?」


婚活男女の誰もが、そう思っているに違いありません。

いつ何が起こるか分からない人生。

そのうち「コロナも落ち着くだろう」と思っているうちに、

コロナウイルスが始まってすでに半年が経とうとしています。


それでも、コロナウイルス感染拡大後に、出会いご結婚した方々も多くいらっしゃいます。


コロナウイルス感染後、ひなたのご縁では、昨年を上回るご成婚数を達成しております。

出会いが制限されるようになったのは確かです。でも、結婚しにくくなったという訳ではありません。


■コロナウイルス第二波渦中。現在の婚活は?

◎現状の婚活の不安

・婚活パーティーなど対面での出会いが出来ない

・出会っても結婚まで進みづらいのでは

・自粛生活でイベントが中止となる

・マッチングアプリでの出会いでも、相手が不詳で怖い

・そもそも人と会えない

・いい方がいても、会えないし連絡が途絶えてしまうのでは

上記の不安から婚活がしたくても出来ないという方が殆どでしょう。

出会いがあれば当然リスクが伴うからです。


自身が感染者となり、家族や職場に迷惑をかけてしまう懸念がある以上仕方ないですし、

そもそも命にかかわる問題です。


◎婚活の中断をしない!

いつまで現状が続くのか、だれにも分かりません。

6月に一旦はコロナも落ち着き、『いざ婚活を再開!』

と思っていたのに、コロナの猛威は再開、

緊急事態宣言下よりさらに不安に感じています。

ですが、

出口の見えない婚活のお休み期間を終了させましょう。

リスクを極力極力小さくして、精度の高い出会いをしていくのです。


感染リスクを極力減らして婚活

◎出会いは人数ではない!結婚するのはたった一人

多くの方と対面で次々お会いするという事が出来ない。

=結婚相手と出逢えない

という事ではございません。


誰しも結婚相手はたった一人。


出会いの人数が見込めなくても

そのたった一人と出会えればそれでいいのです。


◎感染リスクの回避

市中感染が広がった今、直接お会いしてお話しをするのは危険です。

当然、当会員様にも命のリスクがある以上、

婚活パーティーが開催されていたとしても

ご参加のおススメは正直できません、


飛沫防止、マスク着用、換気、消毒


全てにベストを尽くしても、100%安全とはいえません。


◎結婚相手のたった一人と出会うには

では、対面で会わずにオンラインで出会うのが正解かというとそうでもありません。

出会いには精度があり、精度が低いと何人と出会ってもご結婚までたどり着く確率は低いまま。


出会える人数が少ない以上、出会いの精度を上げるしかないのです。


■出会いの精度とは何!?

◎相手が「いい方がいれば、すぐにでも結婚したい」と思っているかどうか

結局はこれが一番大切です。

結婚する気があるかどうかではございません。


すぐにでも結婚したいと思っているかどうかです。


どんなに意気投合して、お付き合いに発展し、三密を避けたデートを続けて幸せでも

結婚へのお気持ちに相違があれば、恋愛が終わると同時に振り出しに戻ってしまいます。


しかもその振り出しは、今より年齢を重ねた状態でスタートとなります。


◎お写真、プロフィールからお相手が視える

会ってみないと分からない。話してみないと分からない。


確かにその通りです。

ですが、お写真、ご経歴や趣味、将来の理想の家庭像など

プロフィールが詳細であればあるほど、お相手との出会いの精度は上がります。


当然ですが、男性の年収や学歴など、証明が取れているものです。


◎まずはオンラインでの出会い

上記をクリアし、男女双方が宮崎県にお住まいでも、

オンラインでのお見合いをおススメしています。


一度オンラインで話しをし、双方が望めば、

それから三密を避けて出会えばよいとお思います。

出会ってもデート出来ない。ゴールインする?

◎焦って結婚する必要はない。

コロナ禍で出会い、結婚間近の男性とのやりとりです。当然、デートの頻度は少ないかと思います。


確かに、コロナが現れる前のように、毎週会って、デートして、自然に敬語がなくなり、下の名前で呼び合うようになり、思い出を重ねて結婚、、、とは当然いきません。


でも、だからといって出会ってスグ結婚という訳では決してないんです。


当たり前ですが、結婚は自分だけの判断でするものではないです。

焦って結婚する必要はなく、コロナの前と同じように、ちゃんと相手の事を好きになって、

「ずっと一緒にいたい」と思ってから結婚でいいのです。


◎現在の活動会員様はこんなデートをしています

ひなたのご縁結婚相談所では、お二人のゴールまでを応援する結婚相談所です。

ですので交際中は、デートのご報告をいただき、適宜アドバイスをしております。


以下、コロナの第二波の現在、

今月もしくは来月に間もなく結婚が決まりそうな会員様たちの事例です。

 


❶ 男性(宮崎県/40代前半)&女性(鹿児島県/30代半ば)

【仮交際スタート:5月末】

【真剣交際スタート:6月中旬】

宮崎市、鹿児島市、都城市の自然を楽しむデート。人が少ない場所のみ。

悪天候時は、女性宅で一緒に料理したり、DVDをみたりしているとの事。

男性は料理が全く出来ないため、皿洗いは必ず全部ひとりでされるそうです。


❷ 男性(宮崎県/30代半ば)&女性(宮崎県/30代半ば)

【交際スタート;6月上旬】

【真剣交際スタート:7月上旬】

コロナ第二波が始まる前は、毎週最低2回のデート。6月は、映画やショッピングなどが主流。

現在は、二人でバーベキュー、釣り、花火など二人以外と出会わないデートをされています。


❸ 男性(熊本県/30代前半)&女性(宮崎県/20代後半)

【交際スタート;6月上旬】

【真剣交際スタート:7月中旬】


コロナウイルス第二波以前は、男性が車で宮崎まで来られていました。バス、電車などの公共機関を避け、コロナの感染リスクの低いルート。女性は、職場より不要不急の外出が自粛となりました。

現在、お会いするのが難しくなりましたが、zoomでのデートで距離が縮まっています。


当初、女性は、「Zoomでのデートってデートって呼ぶのに違和感、、、」と仰っていました。

ですが、男性がビデオ機能を使って、近所の風景へ仕事(男性は自営業)の様子を見せてあげる事で

親密さが増し、またお互いがお酒が好きという共通点から、男性側から、

お酒とおつまみをお送りし、いわゆる“Zoom飲み”を楽しんでいらっしゃいます


上記には、まだ掲載できませんが、コロナ禍の中、真剣交際寸前の方も何人も。

中には、中国地方のお相手に会うために、感染リスクがないよう、車で隔週通っている方もいらっしゃいます。

コロナ禍だからこそ考える“私は何故結婚したいのか?”

ひなたのご縁「コロナ禍でも結婚へ!」-5

◎2011年震災後の“絆婚”とは違う。

東日本大震災をきっかけに、増えた絆を求めた婚活“絆婚”が増加しました。

でも現在の新型コロナウイルス感染拡大により、影響では、


絆と強めて寄り添い結婚したい!でも“三密”を避けるため寄り添えない。

というジレンマがあります。


ここでもう一度、それでも結婚したい。

『どうして自分は結婚したいのか』を。『こんな時期なのに、結婚したい理由は何か』を


再度自身に問いてみてください。

それが婚活への一番へのモチベーションとなります。


■結婚相談所でのオンラインお見合い

◎感染リスクのない出会い=オンライン、精度の高い=お見合い

この二つの特徴を兼ねるのが結婚相談所でのオンラインお見合いです。


コロナウイルス感染拡大後、私達の生活も一変しました。

でも当然、私達人間が、結婚し家庭を作っていくという事は今後変わる事はないのです。


出会いは少ない、オンラインはどんな相手か分からないから不安。

だから結婚相談所にてオンラインお見合いが

ベストな選択だと私は思っています。


◎半年前と半年後

半年前、私達が信じて疑わなかった2020年8月1日今日は、


テレビで毎日オリンピックの特集。

今夜は宮崎納涼花火大会。河川敷にたくさんの人。

オリンピック効果でたくさんの外国人が宮崎にも観光へ。

という一日だったはずです。

コロナウイルス感染拡大で半年後の今日の世界が一変しました。


でも、皆さま、今日から半年間...

婚活に動くかどうかで、半年後の世界は、

また今日とはまるで違う未来になっているかもしれないんです。


安全に。精度を高めて。


運命のお相手を探しましょう。

今回のポイント

コロナだから婚活をやめる。ではなく、

コロナを避けた婚活に変更して婚活!


・オンラインで感染回避

・結婚に超!真剣な方とのみ

・写真とプロフィールで出会いの精度を上げて

・半年後を結婚している自分で迎える


■『プロに頼りませんか』

三密を避けて出会い、結婚への道のりは、難しそうに見えてそうでもない。


まずは、その一歩を踏み出しましょう。

この記事を書いた結婚相談所

ひなたのご縁

ひなたのご縁

宮崎県宮崎市広島1-1-3

宮崎駅から徒歩6分以上

https://hinatanogoen.com/