婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】ひなたのご縁

結婚に進むために。自己流でやらないデートプラン。

2020.08.10 ひなたのご縁
ひなたのご縁「結婚に進むために。自己流でやらないデートプラン。」-1

15回目でのプロポーズは、セオリー

◎期間ではなく、回数

極論、毎日デートして15日間での結婚というのもアリです。

デートのスケジュールとは、ドコでナニをして楽しむかではなく、どのタイミングでナニを進めていくかが大切です。


毎回のデートをスケジューリングし、関係性を構築しながら次のデートに繋げていく


ただそれを15回繰り返すだけです。


◎週一回のデート、3ヵ月で15回

もっとハイペースの場合、週に2回を目指して2か月で15回。

特に最初の1ヵ月が重要で、お見合い含めて3回以下は中々進展が難しくなります。

2回目~5回目のデート

■2回目~3回目は見定め期間

◎短く楽しい、会話中心のデート

2回目(出会って最初のデート)から4回目までは、

失点を防ぐデート、ボロを出さずにお相手の事をよく知る事に徹します。

出会って間もない二人にとって、ちょっとしたトラブルが大きなダメージになるからです。


最初はお茶だけで2時間強にとどめ、少しずつお相手を知っていきます。

4回目でいわゆるベタなデート。例えばカフェやショッピング、ドライブなど。


お相手とのフィーリング、価値観の相性を確かめていきます。


もちろん、遠方の方との交際は、しっかり時間をとりたいところ。

それでも5~6時間程度に留めていきます。


◎婚活パーティー等での出会いは、3回目のデートがとても大切

婚活パーティーなど結婚相談所以外の婚活ツールをご利用される方にも、『結婚したい』というお気持ちはもちろんございます。ですが、『すぐにでも結婚したい』かどうかは正直分からないところ。


3回目のデートでそれとなく、結婚までのスピード感を確認しておくといいでしょう。


◎見えないライバルが存在する

真剣交際に入るまでは、複数の方との仮交際が可能ですし、新たなライバルからお見合いの申込もきています。

一度失敗すると相手は新たな出会いを求めていくもの。

関係の再構築ってなかなか厳しいので、失点を防いでいくデートが大切なのです。


■4、5回目以降は攻めのデートに転じる

◎4回目のデートに繋げる事が最初のハードル

将来を考えられない方には、男性もお金の投資は無駄となります。

女性も食事は嬉しいかもしれませんが、心苦しいでしょうし、何より時間の投資はできなません。


◎4回目以降は攻めに転じる

4回目では、ドライブランチ~お散歩~お茶など5-6時間くらいの少し長めのデートへ。

5回目では、お茶からディナーへ7-8時間くらいとゆっくり。


関係を深めていくようにしていきます。

手をつないでみるのもいいかもしれません。


◎お話しをたくさんして、コミュニケーションを増やす

ここまで仲良くなっても、やはりたくさん会話をするデートがいいです。

話がしにくい場所をまだ避ける。。。

映画、水族館、他の客との席が近い居酒屋、美術館

解放感がある動物園や遊園地はお話しも出来るし、大丈夫です。


次のデートを考えておいて、別れ際に提案をします。

6回目~11回目のデート

■6回目は真剣交際に進むタイミング(=告白)

◎6回目のデートに繋がった=相手も自身に好意を寄せている

6回目のデートがあるとは“そういう事”です。


ここまで親しくなれば、真剣交際に進んでいきます。

真剣交際にすすむと他の方との交際を全て中止し、お見合いの申し込みも申し受けも出来なくなります。

ご自身だけでなく、お相手ももちろん同様です。


◎真剣交際申し出=告白

『あなたの事が好きです。結婚を見据えて今後お付き合いをしていきたい。』


その場で答えをもらわなくてもいいので、考えていただければ嬉しいです。

といった感じに、相手の気持ちを顕在化させてあげる告白をします。


■8回目~11回目は思いっきり交際を楽しむ

◎思いっきり楽しみましょう!一番楽しい恋愛期間

真剣交際に入ったら、

半日デートや丸一日デート、季節のイベントなど恋人期間をたくさん楽しんでください。

12回目~14回目のデート

■12回目~14回目は結婚へ進む

◎やってはいけないデート

楽しいだけのデートをただ続けるのはNG。お互いが結婚に対して不安になっていき、結婚が見えてこなくなる可能性があります。


真剣交際に進んだにもかかわらず、結婚に至らず破綻する多くがこのパターンです。

『この方とは、違うのかも』とならないように積極的に結婚の話をしていくことが大切です


◎結婚に向けてギアチェンジ!でも焦らず!

焦って急に結婚の話を進める事は不自然です。自然に結婚の話に持っていくようにするにはどうするか


・結婚式場のあるレストランで食事。根回しして式場案内をしてもらう。

・デートの途中にあるふと不動産屋さんに立ち寄り、どんな部屋に将来住みたいかイメージ喚起。

・ショッピングデートの流れでアクセサリーを見る。指輪の話。

・家族の写真を見せ合い、ご両親への挨拶の話に繋げる。

・携帯アクセサリーを買うついでに、家電を見る。冷蔵庫や洗濯機で新婚生活イメージへ。

ドンドン将来の話に繋げていくことで、結婚の時期は急速に近づいていきます。


15回目でプロポーズ

結婚相談所においては、事前にお互いのカウンセラーを通じ、受けてくれそうかを確認しておくことが出来ます。


あとは、ドラマチックに演出を考えるのも会話の中でプロポーズするもカウンセラーにも相談しつつ

運命の一日を迎えましょう!

この記事を書いた結婚相談所

ひなたのご縁

ひなたのご縁

宮崎県宮崎市広島1-1-3

宮崎駅から徒歩6分以上

https://hinatanogoen.com/