婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】ハッピー・ウェディング・クラブ

交際期間3ヶ月間の、過ごし方

ハッピー・ウェディング・クラブ「交際期間3ヶ月間の、過ごし方」-1

交際を始めてから3ヶ月で結婚を決めるのは早いですか?

前回のブログで、お見合いしてからたった1ヶ月でご入籍された会員様をご紹介させて頂きました。
そう致しましたら多くの方から具体的な内容を聞かれる事がございました。ご意見の中の多数はそんな短期間で決めるのは何か特別な理由があるのではないかというご質問です。
それに関するお答えは「何もない」です。ご本人は「私は崖っぷちにいました」という表現を使われていますが、私達夫婦から言わせて頂ければその会員様はご自身を客観的に見る事が出来ていたという事です。

「カウンセラーのアドバイスを、あれこれ言わずに、絶対にその通りにする事!」だと思います。
この言葉もご自身を客観的に見る事が出来ると同時に、素直にアドバイスを受け入れる事が出来る度量の大きさを持っておられると思います。この点を素直に実行出来る人は少ないですが、出来る人は結果的に短期間でご成婚されているのが実情です。

交際1ヶ月目の活動方針は?

私達夫婦がご入会された会員様にファーストカウンセリングで「交際期間は3ヶ月」というご説明をしたら、多くの会員様(特に女性)は「短すぎる」と言われます。通常の恋愛では短いかも知れませんが、結婚相談所では「4ヶ月以上の交際は長すぎる」と思います。
前回の事例は特別に短いですが、ご成婚されている会員様の多くは2ヶ月でほぼお二人の気持ちは固まっておられます。
私達夫婦は交際1ヶ月目の活動は、お互いの雰囲気を確かめる為の期間だと話しております。
1、言葉のキャッチボールが出来るかどうか
2、食事をして、違和感がないかどうか
この2点を特に意識してお付き合いする様にアドバイスをしています。
生活環境が違う二人が、長い年月夫婦として生活していく為には言葉のキャッチボールが絶対に欠かせません。言葉のキャッチボールが出来れば、長い結婚生活を共に過ごす事が出来ると考えています。
食事については好みが同じかどうかではなく、一緒に食事をしていて楽しいかどうかです。楽しく食事が出来るか出来ないかは大きな判断材料です。

交際2ヶ月目の活動方針は?

1ヶ月目で、言葉のキャッチボールが出来て、一緒に食事をして楽しいお相手なら、真剣に結婚を意識して下さい。それが2ヶ月目の活動です。
具体的には結婚後の生活、お互いのご両親、女性会員様のお仕事、等を具体的にお二人で話し合って下さい。
1ヶ月目で言葉のキャッチボールが出来る方というのがここで生きてきます。結婚してからこんな事とは思わなかったという事のない様にする為にも、そこまで真剣に話し合えるお相手かどうかを知る為にも、言葉のキャッチボールをして下さい。

交際のルールとしては、重複した交際が認められている期間は最大2ヶ月です。私達夫婦は2ヶ月を経過する時点でお互いにハートマークを付ける事を提案しています。

交際3ヶ月目の活動方針は?

交際期間は3ヶ月という事ですが、3ヶ月目の最後にはご成婚退会をするという事になります。
一般的にご成婚料をお支払い頂き、成婚退会の手続きをして頂く事になります。

本来であればお二人の気持ちだけで成婚退会する事は出来ますが、特に女性会員のお気持ちを考えた場合には、お互いのご両家との顔合わせ、ご入籍までの流れ、住居等を明確にしておく事をお勧めしています。

その為にも3ヶ月目に入る時点で、お互いのご両親にお会いする様にアドバイスをしています。

ご成婚退会の手続きに来て頂く時点では、結納や結婚式、新婚旅行、お住まい、等のお話しをお聞かせ頂く事を願っています。
  • 婚活のコツ
  • 男性向け
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

ハッピー・ウェディング・クラブ

ハッピー・ウェディング・クラブ

熊本県上益城郡益城町宮園438-8

産交バス 木山下町から徒歩5分

http://www.happy-wedding-club.com/