加盟結婚相談所:1,560社
登録会員数:58,543名

マリッジ・バスケット

IBJ公認仲人カウンセラーブログ

親子関係

2017年07月31日|マリッジ・バスケット



婚活や結婚がうまく行かない理由の一つに「親子関係」があります。
30、40歳を過ぎても、
必ず、親と映画を観に行ったり、
頻繁に、親と買物に出掛けたり、
いきなり、親とイケメンアイドルの追っかけを始めたりと、
傍目からみたら「親子仲」がいいのね。と、映りがちですが、
他人様のご意見は、依存関係にあるのでは?という声多数です。
友達、恋人、学校の先生、社会の方達との関係性をも親が担っている様子。
Image 01?awsaccesskeyid=akiajjhzx3azzuy4kwjq&expires=1508817824&signature=mmj%2byzgfwipfanzemr1zylywqsy%3d
うちの相談所にも、結婚年頃の子を持つ親が何人かおみえになられましたが、 
お話をしていく途中で気になった事がいくつかあり、その一つ、 
それは、親自身も親子関係がうまくいかず、大人になり、
結婚して、子供を産み育てたものの子にどう接していいのか わからず、
気づいたら娘が嫁に行かない、もしくは嫁ぎ先から戻ってきた。という事でした。
親の不安は子に伝わり、負のスパイラル的に子も不安定になっていくのだと思います。 
しかし、親子でキツい事言い合ったとしても、ケンカしても関係は破綻する事は無いので、子供が一人前になろうとしている時、自立のタイミングをみはからって、  
時には「お前なんか知らんわ!出て行け!!」「ああ、出て行くよ!」と言い放って子離れ、親離れの親子関係を見直してもいいのではないでしょうか。

うだがわ・ともみ
                             


マリッジ・バスケット

この記事を書いた結婚相談所:

マリッジ・バスケット

住所:茨城県古河市古河544-249

TEL:0280-23-5509

マリッジ・バスケットの最新記事