婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】GMA

結婚相談所の成婚率について

2017.05.07 GMA
GMA「結婚相談所の成婚率について」-1

「成婚」の定義について。

 

結婚相談所で婚活を始めようか検討したり、実際に入会してみると、「成婚」という普段あまり聞き慣れないワードをよく耳にすることになります。では、その「成婚」とは、どのように定義されているのでしょうか。まず結婚相談所では、男女会員双方で結婚の約束がされた状態を「成婚」と表現しています。そう少し具体的に説明しますと、男性がプロポーズして、それを女性が承諾して、各々のご家族に賛同してもらったら、退会することを「成婚」と言います。一方、婚活サイト(婚活アプリ)などでは、男女会員が交際を始めたら退会をするのが一般的で、そのことを「成婚」と言っています。

           

但し、結婚相談所によってその定義が微妙に違いますので、結婚相談所で婚活をしようか検討している皆様は、入会前に「婚活」の定義を確認しておくことをオススメします。

             

「成婚率」の算出方法について

           

さて、「成婚」に付随して耳にするのが「成婚率」です。おそらく皆様は漠然と理解していらっしゃると思います。「結婚できる確率でしょ」と。はい、その通りです。でも、ココには数字のマジックが隠されているのです。少し大げさな表現をしてしまいましたが、この「成婚率」は、結婚相談所によって算出方法が違うことを押さえておく必要があります。なぜなら、それによって数字にかなり大きな違いが出てしまうからです。

           

例えば、「成婚率=成婚者数÷全会員数」で算出している結婚相談所もあれば、「成婚率=成婚退会者数÷全退会者数」で算出しているところもあります。また、「成婚率=1年間の成婚者数÷1年間の入会者数」としているところもあります。

           

また、「成婚率」ではなく「成婚者数」というワードを用いてにセールスしているところも見受けます。「年間5,524人が成婚」その一方で、「会員数46,638人」と謳(うた)っています。また、「1年間の入会者数23,092人」とアピールもしています。成婚率の低い所では、数字のまやかしが踊っています。ただ、虚偽告知ではありませんので全く問題ありません。そこで、この数字を先に述べました3つの方程式(算出方法)に当てはめてみると、改めて数字の怖さを思い知らされるかもしれません。

 

①成婚率=成婚者数÷全会員数=5,524人÷46,638人=11%

②成婚率=1年間の成婚退会者数÷全体会者数=5,524人÷20,527人=26%

③成婚率=1年間の成婚者数÷1年間の入会者数=5,524人÷23,092人=23%

 

もし、「成婚率」が気になるようだったら、結婚相談所に入会する前に、次のように尋ねてみてはいかがでしょうか。「入会しても結婚相手が見つからない人はどのくらいいますか?」と。 

          

岐阜の結婚相談所GMA|オフィシャルサイト 

http://www.jmagifu.com/

この記事を書いた結婚相談所

GMA

GMA

岐阜県岐阜市薮田南1丁目11-9 第2岐阜県ビル7階

JR岐阜駅から徒歩6分以上

http://www.jmagifu.com/