婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】GMA

簡単にモテ男へ PartⅢ

2019.06.21 GMA
GMA「簡単にモテ男へ PartⅢ」-1

会話は苦手じゃないと思うけど・・

GMA「簡単にモテ男へ PartⅢ」-2

会話することは苦手というわけじゃないと思う・・



かといって、得意? って言われれば、それほどでもないかな・・



ただねッ、コチラが話をしていても、無関心な顔つきであまりオシャベリしてくれない女の人っていると思わない?



それって、結構キツイんだよね。



だからといって、ボクの責任ってこともないと思うんだ。



このような想いをしたことが頭に浮かんできたあなたにお伝えしたいことがあります。



今までの発送を真逆にしてみてください。



それだけのことで、相手はあなたの話に食いついてきてくれるかもしれません。



題して、「簡単にモテ男へ PartⅢ」



「PartⅤ」まで連載をさせていただく予定です。




職場で親睦会の打ち合わせ

GMA「簡単にモテ男へ PartⅢ」-3

職場の親睦会を企画することになりました。



幹事さん|どこにしようか?



副幹事さん|焼き肉なんかが一番いいじゃないかなァ・・



幹事さん|焼き肉って洋服に匂いがつくから、女の子にはキツイんじゃないの!



副幹事さん|じゃあ、鍋は?



幹事さん|鍋も女の子は食べににくいかも!



副幹事さん|・・・・・・



幹事さん|まあ、一般的には懐石料理が当たり障りがないと思うよ、日本料理で。



副幹事さん|それでいいけど・・ でも高くつかない?



幹事さん|少々高くてもいいと思う! 年に一回のことだし。



副幹事さん|・・・・・・



幹事さん|お店はどこにしよう?



副幹事さん|馬喰一代は?



幹事さん|懐石もあるけど、焼き肉ってイメージ強くない? それに職場から遠いし。十八楼がいいんじゃないかな? 職場から近いし。



副幹事さん|・・・・・・



幹事さん|それじゃあ、十八楼で懐石料理ってことにしていいかな?



副幹事|・・・・・・ いいよ。会計はボクがやりましょうか?



幹事さん|会計は幹事が一人でやったほうがいいと思う。そのほうがトラブルが少ない。



副幹事さん|・・・・・・ まあ、まあいいけど・・



※副幹事さんのひとり言だったらオレいらないじゃん。勝手に幹事が一人でやったら! オレ下ろさせてもらうよッ。



真逆の会話をしてみましょう!

GMA「簡単にモテ男へ PartⅢ」-4

職場の親睦会を企画することになりました。



幹事さん|どこにしようか?



副幹事さん|焼き肉なんかが一番いいじゃないかなァ・・



幹事さん|いいねえ。オレは懐石料理が無難かなって思ってたけど・・ 焼き肉って女の子は大丈夫かなあ?



副幹事さん|最近の女の子は全然大丈夫なんじゃないかな、むしろ喜ぶと思うよ。



幹事さん|じゃあ、そうしよう! 会費はいくらにする?



副幹事さん|3千円かな、それとも4千円・・ 中とって3千5百円ってとこでどうかなあ・・



幹事さん|3千5百円かあ、そうしよう!



副幹事さん|いいの? 決めちゃって。いくらだと思ってたの?



幹事さん|いいよ、オレは5千円かなって思ってたけど、女の子にはキツイかもしれないよな。



副幹事さん|うん、そう思う。それじゃあ、3,500円ってことで、ボクが会計やりましょうか。



幹事さん|ああ、頼むよ。おれ、お金扱うの苦手だし、助かるわあ! 場所はどこにする?



副幹事さん|馬喰一代は?



幹事さん|いいねえ、職場からチョット時間かかるけど、歩いて30分もあれば行けるよな。それにお迎えバスはあるじゃないかなあ。おれは、十八楼がいいんじゃないかと思ったけど、肉専門じゃないしな。



副幹事さん|お迎えバスは、ボク電話してみよよ。



幹事さん|ああ、頼むよ。



副幹事|なんか、気持ちが高ぶってきたよ!



幹事さん|楽しみだなあ、思いっきり呑むか!



副幹事さん|賛成!



※ポイント=相手に発言を求めておいて、それを否定されたら人は不愉快になるものです。発言を求めるのであれば、まずそれを尊重して上げるのが基本です。親睦会というのは、どこでいくらでやっても、楽しければいいのですから。



自称、話し上手?

GMA「簡単にモテ男へ PartⅢ」-5

お見合いでの男女の会話に例えてみました。



自称、話し上手の男性が主役となります。



伊藤|趣味は何ですか?


岡田|料理をすることが好きですね。


伊藤|料理? それって、女の子が普通にやってることだよね。たとえば、誰にでもできないようなフランス料理とかメキシコ料理だったら趣味って言えるかもしれないけど。ボクなんかは、学生時代に一人で生活していたから、自炊しながら、ある程度も料理ができるけど、趣味ってことでもないし、必要不可欠なことだと思ってるんです。他に趣味ってあります?


岡田|・・・・・・


伊藤|ボクは釣りが趣味なんです。就職して社会に出てから特に好きになって、仕事のストレス解消にもなってるんです。特に土曜日の朝は早起きして、お昼頃までマッタリした時間を過ごしているみたいでね。岡田さんは、釣りなんてしませんよねッ。まあ、いいんだけど、これはボクの趣味ですので。


岡田|・・・・・・



※相手の話を否定してから、自分の話をすることは控えましょう。

※自分は自慢話をしていて楽しいでしょうが、相手をダンマリにさせてしまいます。

※話し上手であっても、会話下手ということですね。



ーーーーーーーーーー



真逆の会話をしてみましょう! 相手の話を肯定してから、自分の話しを始めてみます。



伊藤|趣味は何ですか?


岡田|料理をすることが好きですね。


伊藤|料理ですか。料理の好きな女の人って素敵ですよね。それに家庭的ってイメージが頭に浮かんでしまって。ちなみに得意なのは?


岡田|私は中華系が好きなんですよ。中華料理を食べることが好きだったから、自然に作ってたみたいな。それで、回鍋肉と酢豚が得意ってとこですね。少なくとも妹なんかは「美味しい」って言ってくれますし。


伊藤|エッ、本当ッすかッ。みそ味の肉と野菜、それに酢のきいた肉と野菜ですよね。


岡田|詳しいですね。中華好きです?


伊藤|好きですよッ、餃子もね!


岡田|そうなんですね、私ね、餃子も皮から作るんですよ。


伊藤|えッ、スゲー。マジっすか!


岡田|伊藤さんは? 何か好きなことあります?


伊藤|ボクはね、釣りが好きなんですよね。ちょっとマイナーだけど・・ 女の子にはわからないよね。でもね、ストレス解消にもなってるかなって。


岡田|素敵じゃないですかッ、私は釣りはしたことないけど、小学生ぐらいのときに、父親に連れて行ってもらったことがありますよ。あまり、記憶ないけど・・ 男の人って好きな人おおいんじゃないですかッ。



※相手の話をまず肯定したり尊重することによって、話が自然に膨らんでいきます。

※自分を謙遜することによって、相手を同調させてしまいます。

※話し下手でも、会話上手になってしまいます。



お見合いで質疑応答は辛い!

GMA「簡単にモテ男へ PartⅢ」-6

お見合いでの単純な質疑応答は辛いものです。



お見合いでの質疑応答は3問でギブアップしたくなってしまいます。



伊藤|今日はどこから来られたのですか?


岡田|大垣からです。


伊藤|お仕事は何をされているんですか?


岡田|病院で医療事務をしています。


伊藤|趣味は何ですか?


岡田|料理とショッピングです。


伊藤|ボクに何か聞きたいことあります?


岡田|特に・・


伊藤|ボクが住んでいるとことか、仕事とか、趣味の話とかいいですか?


岡田|・・・(心の中でひとり言=この人はムリだわ・・ どうやってタイムアップを伝えようかなあ・・)



※お見合いの前には、「何を聞こう」ではなく「何を話そう」で準備しておきましょう。



ーーーーーーーーーー



伊藤|ボクは豊橋は実家なんですが、仕事の関係というか、会社が各務原ですので、その近くのアパートで独り暮らしをしてるんですけど。岡田さんのプロフィールに岐阜県と出ていましたよね・・


岡田|そうなんです。私は大垣です。プロフィールは大垣ってなっていませんでしたよね。


伊藤|大垣ですか。近いですよねェ。ここまで電車で20分位ですか?


岡田|そんなにかかりませんよ。はかってないけど20分はかからないと思いますよ。


伊藤|ボクは車でココまで来たんですけど、結構混んでて40分位かかってしまいましたよ。この時間帯って混むんですね。


岡田|今日はね、岐阜花火だから混んでたんじゃないですか? 浴衣着てる女の子がいっぱいいますよね。


伊藤|そうなんですね。ボクに岐阜花火に行ったことないんですよ。


岡田|そうですよね、ご実家は豊橋ですもんね。


伊藤|豊橋にも花火はあるんですよ。岐阜とはスケールがちょっと違うんですけど、そこそこ賑わっていますよ。それにね、各務原でも花火ありますよ。


岡田|大垣にもありますよッ、エヘッ。


伊藤|っていうか、花火って全国どこでもありますよねェ。


岡田|そうですよね。日本ってスゴイですね。


伊藤|中国にはあるのかなあ、花火って?


岡田|爆竹はあるみたいですね。テレビでよく見ますよ。え~と、春節でしたっけ?


伊藤|そうそう、春節だね。


岡田|今ね、スマホで検索したら、爆竹ばっかですよ。


伊藤|「爆竹」で検索したんですか?


岡田|だからね、キャハッ!



※一つの話をすれば、それが普通につながっていきます。

※最初に自分のことを話すと、質疑応答の感覚がなくなってしまいます。

※自分が話をすることによって、相手もそれに呼応したくなってしまうものです。



ーーーーーーーーーー



ポイント=質問したいことがあったら、まず自分のことを話しましょう。たとえば、



「岡田さんはボクのことどう思う?」


「・・・・・・」


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



「ボクは岡田さんのこと好きです!」


「私もよ!」



ーーーーーーーーーー



ただ今、岐阜の結婚相談所GMAでは、無料相談実施中でございます。モテ男になってみたい男性のあなた、いつでもお気軽にお訪ねください。



また、30日間、無料体験入会キャンペーン実施中でございます。



この記事を書いた結婚相談所

GMA

GMA

岐阜県岐阜市吉野町5-16 Mビル3階

JR岐阜駅から徒歩1分

http://www.jmagifu.com/