婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】結婚相談グランツ

婚活アプリと結婚相談所、何が違う?

結婚相談グランツ「婚活アプリと結婚相談所、何が違う?」-1

婚活アプリの会員数はすごい

40代後半にIBJで婚活をして再婚できた
名古屋の結婚相談グランツ・吉田浩久です。

「結婚相談所って敷居が高そう・・・」
婚活を考えている方の中には
こう感じている方も多いかと思います。

たしかに結婚相談所では
住民票や独身証明書などが必要で、
入会審査も有ったりします。

そこで目がいくのが
”婚活アプリ”というものですね。
1,000万人以上が利用しているものも
有ったりします。

IBJ・日本結婚相談所連盟の会員数が
先日8万人を超えました。
結婚相談所の団体の中で最も多いです。

アプリ1,000万人超・IBJの相談所8万人、
100倍以上の差が有ります。
婚活アプリの会員数はすごいですね。

そこで今回は、
婚活アプリと結婚相談所は何が違うか?
お伝えしていきましょう。

カウンセラーがいない

まずお伝えしたいことが有ります。
結婚相談所にはカウンセラーがいますが、
婚活アプリにはそういう人はいません。

だから費用が安いとも言えますが、
このことがあなたの婚活に
大きく大きく関わってくるんです。

カウンセラーがいないということは、
活動のサポートが無いということです。
分かりますよね。

活動がうまくいかなくても
アドバイスしてくれる人がいません。
自分で考えないといけないんです。

また、
お相手と何かトラブルになっても
自分で解決するしかありません。

結婚相談所にはカウンセラーがいて、
結婚できるようにアドバイスします。
活動中に問題が起これば対応します。

「だれにも頼らず自分でやります。」
「自分で積極的に行動できます。」
こういう方は婚活アプリでもいいです。

しっかりとサポートを受けながら
早く結婚したい方には
結婚相談所が向いていると思います。

成婚の定義が無い

婚活で成婚という言葉を聞きますよね。
婚活アプリには
この「成婚の定義」が有りません。

一方で結婚相談所では、
ちゃんと「これが成婚です。」と
決められているんです。

代表的な成婚の定義は、
交際している二人が結婚を決めること。
プロポーズしてOKになった状態です。

婚活アプリは成婚の定義が無く、
結婚相談所では成婚の定義が有る。
なぜだと思いますか?

目的が違うからなんですね。

婚活アプリは、
男女の出会いの場を提供すること
これが一番の目的になります。

それに対して結婚相談所は、
男女の結婚を実現すること
これが最大の目的なんです。

婚活アプリと結婚相談所は
目的によって使い分けることが
必要になりますね。

****************

最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。

出会いが欲しいだけなのか、
それとも早く結婚したいのか。

自分はどっち?を明確にすると、
アプリがいいか相談所がいいか
分かってきますね。

ではまた。

  • 婚活のコツ
  • 男性向け
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

結婚相談グランツ

結婚相談グランツ

愛知県名古屋市中区新栄1-9-25 パティオ・エスペランサ101

地下鉄東山線/名城線 栄駅から徒歩6分以上

https://glanz-nagoya.com