加盟結婚相談所:1,560社
登録会員数:58,543名

「ブライダルパートナーズ」30代後半女性の婚活体験談
成婚者インタビュー

  • 結婚相談所検索
  • 成婚者インタビュー
  • あなたも仲人として活躍しませんか?
  • 東京証券取引所 市場第一部

    株式会社IBJは、東京証券取引所市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)

  • プライバシーマーク

    大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。

  • JMIC 日本結婚相手紹介サービス協議会
  • パパママキッズ婚活

客観的なアドバイスに支えられました。
1人ではないからこそ、活動の楽しみもありました。

「ブライダルパートナーズ」田原 美樹さん(仮名)30代後半、会社員(写真中央)
入会からご成婚までの歩み

普段の生活やお仕事でも出逢いの機会が少ない中、「家族を持ちたい。」という強い気持ちから結婚相談所にご入会された田原さん。担当のカウンセラーからいつも客観的なアドバイスに支えられ、今回ご成婚されました。

自分自身のためにも、家族を持ちたい。
そのためにより真剣に活動ができる結婚相談所を選びました。

ご成婚おめでとうございます!
まず初めに、結婚相談所での婚活を始めたきっかけを教えてください。

30歳前後から独り暮らしをしていましたが、心身のコンディションや安全面で不安を感じることがありました。父は定年退職を迎え、両親にはこの先あまり頼れないと思い、自分自身のためにも、家族を持ちたいと考えました。
ただ、男性の友人が少なく、出会いもあまりなかったため結婚相談所に入会しました。

結婚相談所以外のサービスも検討されていたとのことですが、
最終的に結婚相談所を選んだ理由をお聞かせいただけますでしょうか?

以前は出身大学の結婚相談サービスと、民間の結婚情報サービスに登録していました。
しかし、あまりうまくいかず、自分のどこがいけないのか客観的にアドバイスをしてもらえたらと考えるようになり、より真剣に活動ができる結婚相談所を選びました。

カウンセラーさんからは客観的なアドバイスで自分を磨き、
セミナーやOG会での励みで、楽しみながら活動ができました。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

カウンセラーの中島さん(写真左)には、「男性は女性のこういうところが好きなんです!」といったアドバイスを何度もいただき、とても参考になりました。
入会時に私のメール返信が早くて丁寧だということを褒めていただいて嬉しかったので、婚活中は相手と頻繁に丁寧に連絡を取ることを心掛けました。

別のカウンセラーの方の千葉さん(写真右)は、ずっとお仕事を続けてきて私と同年齢の頃結婚されているので、同性の先輩としてきめ細かにアドバイスいただけて本当にありがたかったです!

婚活セミナーやOG会にも参加させていただき、同年代の女性がどのように婚活をしているかが聞けたり、励まされたりと、活動自体が楽しかったです。

お相手様との想い出のエピソードをぜひ教えてください。

彼とは少し年齢が離れていたので、お会いする前少しだけ心配でしたが、実際にお会いしたら共通の趣味がいくつもあり、一緒に過ごせたら楽しそうだなと思いました。
出会った当時、私は仕事のことで悩みがあったのですが、彼はいつも親身になって話を聞いてアドバイスしてくれて、「1人で頑張りすぎないでもっと頼ってくれていい」と言ってくれたことが印象に残っています。

この人と共同生活をしながら仕事も頑張れそう、と近い将来の生活を思い描けたことが結婚の決め手になりました。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ
結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ
私のように普段異性との出会いがあまりない方は、結婚相談所を利用するのも一つの有効な方法だと思います。
また、カウンセラーさんが自分のことを客観的に見てアドバイスしてくれたり、迷った時には相談に乗ってくれたりする点が本当に心強いです。

早めに活動を始めるのに越したことはないと思います。
担当仲人より
担当仲人よりブライダルパートナーズ
代表カウンセラー
中島 賢太郎
とても素直で礼儀正しい田原さんは、過去に2社の結婚情報サービスで活動された後、ネット検索で弊社を見つけてくださり、ご入会をいただきました。

こちらからの連絡に対するお返事のレスポンスも早く、毎月欠かさず面談にお越しになられたので、安心して交際のサポートをさせていただくことができました。
過去の辛い婚活経験を乗り越えられた上でのご成婚なので私としても大変嬉しいご成婚事例となりました。

ご自身の成婚体験を会員の皆様にシェアしていただく「成婚者座談会」の講師も担当していただき感謝しております。
末長いお幸せを心よりお祈り申し上げます。

NEW 新着インタビュー