加盟結婚相談所:1,560社
登録会員数:58,543名

東日本事務局 03-5324-5636

西日本事務局 06-7664-7960

お電話受付時間:10:00-19:00

京都縁結び倶楽部 代表 細見 佳代さん

京都縁結び倶楽部
代表細見 佳代さん

IBJでの独立は「ひとりじゃない」 そんな安心感があるんです。

京都で老舗の呉服卸問屋の中で、新事業として結婚相談所を立ち上げた細見さん。会員様お一人お一人と向き合い、共に成婚に向けてご自身も多大なる努力をされているオーナー様に、IBJに加盟してよかったことや、カウンセラーになってよかったと思うことをお伺いしました。

(取材日:2016年9月27日)

結婚相談所をはじめたきっかけをお聞かせください

京都で1949年創業の老舗呉服卸問屋「近江屋株式会社」の新事業で、結婚相談所「京都縁結び倶楽部」を始めました。

なぜ呉服卸問屋が結婚相談所を始めたのか、疑問に思われるかもしれませんが、呉服業界でも未婚化・少子化による着物離れが進んでおります。
弊社の経営理念にある「私たちはきものを中心とした和みのあるくらしを提供します」の言葉通りに、お客様が幸せな結婚をされることを手助けさせて頂きます。
そしてそのことが私たちの使命であり、喜びです。
生涯未婚でいる人より、結婚されて子供がいる家族の方が、色んな家族の行事で着物にふれる機会が増えてくるのでは…まわりまわって和装業界のお役に立てれば、そう考えております。
私自身、着物のことしか知らなかったのですが、元々明るく前向きな性格で、どちらかというと、相談を受けてもなんとか一緒に乗り越えていこうと考えるタイプでしたので、仲人に向いているのでは。と思いました。

呉服卸問屋の中で結婚相談所をはじめたきっかけをお話する細見さん

呉服卸問屋の中で結婚相談所をはじめたきっかけをお話する細見さん

結婚相談所運営の魅力とは?

こんなに人間力が問われる仕事も少ないのでは、と思います。
IBJの業界最大の会員数、システムの充実、東証一部に上場している安心感、その加盟店というのが、結婚相談所を運営していく中で重要な強みだということは間違いないと思います。
でもそれと同じくらい仲人の人間性が大事です。お越しになるお客様は、数々ある相談所の中から、ここにしようと決めていただく要素で、仲人との相性を重要視される方も多いです。
いち会社人では、そこまでのことは要求されないでしょう。人の人生の大切な部分に関わらせていただく仲人としての自分磨きを怠らず、また自分自身の成長をすぐに活かしていける魅力的な仕事だと思います。

相談所運営で工夫していることはありますか?

派手な広告はしてませんし、したいとも思ってません。
お金を掛けずに広告することをいつも考えています。
派手な広告でキャンペーン価格等で安売りをしても、経費はかかるし、どんな方が来て下さるのか不安です。
また自分の仕事も安売りするわけですから、いい仕事はできないので、結果的にお客様のためにならないように思います。
一番いいのは口コミ。成婚退会した方からの友人知人の紹介は、お互いすでに信頼からはじまってるので、お客様も安心だし、私も安心です。
おひとりおひとり丁寧に向き合っていくことが、遠回りのようで一番確実な相談所運営だと思います。

会員様に安心してもらうためにも丁寧に向き合うことが大切。

会員様に安心してもらうためにも丁寧に向き合うことが大切。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟した理由やよかったこと

サポート面では、開業者向けの研修から毎月の定例会や、IBJの石坂社長による研修、事務局の方々の日々の細かいフォロー等手厚いサポートに感謝しております。
石坂社長の研修では、教えてほしいけど、絶対に同業他社には教えてくれないだろう集客のノウハウ等、惜しげもなく披露し、詳しく説明していただけること、本当に感謝です。
大阪事務局の方々には、日頃のちょっとしたわからないこと等の質問でお電話しても、お忙しいのに丁寧に教えて下さいます。 本当に感謝感謝です。
また、システム面では、婚活を楽しく、いかに出逢いを生み出せるかを考えて、どんどん進化している所が、すばらしいと思います。仲人の力だけでなく、システムの良さでもアピールができることが、IBJの強みだと思います。

カウンセラーになってよかったと思うこと、エピソード

やはり会員様からの嬉しい連絡があった時です。「プロポーズされました!」とか「指輪のサイズを聞かれました!」とか「真剣に結婚を考えてます!」とか。会員様の笑顔を見て、本当に良かった!と思える瞬間です。
初めてお会いした時には婚活に悩んでうつむき加減だった会員様と、一緒に考え、取組み、時にはお尻を叩いたり、一緒に悩んだり、喜んだりしてきました。
なかなか交際にならない会員様には、着物のために取得した色彩コーディネーター1級の知識を活かし、お見合いに着ていく服装のアドバイスをさせていただいたり、交際が続かない会員様には、IBJシステムの機能「マッチングラボ」の診断結果から性格傾向や考え方のアドバイスをさせてもらったり、仲人として私自身も成長させてもらいました。
成婚退会される時には、「お世話になりました。ありがとうございました!細見さんと出逢えて良かった!」と感謝の言葉をいただきます。
人の役に立つ、喜んでいただける仕事なんだ。といつもこの仕事をしてよかったと思います。

これから結婚相談所をはじめる人へ、メッセージやアドバイス。

結婚相談所をひとりで起業しようとお考えの方は、不安の方が大きいと思います。私も当初ひとりで異業種でやったことない仕事で、不安だらけでした。
でも、IBJにはたくさんの加盟店様がいらっしゃいます。 毎月の定例会や毎日のシステムでのやりとり等で交流させていただく中で、先輩仲人の皆様からたくさんのことを教わりました。
ひとりだけど、ひとりじゃない。そんな安心感があるんです。

「ひとりじゃない」そんな安心感があるんです。

「ひとりじゃない」そんな安心感があるんです。

取材日:2016年9月27日
インタビュー:日本結婚相談所連盟(IBJ)
京都縁結び倶楽部のウェブサイト:http://www.kyoto-enmusubi-club.com/

関連する開業者インタビュー

無料説明会のご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved